ロゴ
HOME>Column>慰謝料請求された時の心得【適切な対応を心がけよう】

慰謝料請求された時の心得【適切な対応を心がけよう】

書類

弁護士に依頼出来る相談内容について

慰謝料請求された場合、素直に支払うのが相手に対する謝罪になります。しかし支払たくはないということもあるかもしれません。身に覚えのないことや、高額請求されて支払うことができない場合など相手に交渉をしなければいけない状況になります。専門的な知識がない場合にはどうやって交渉をしたらいいのか分かりません。そこで弁護士に相談をしてみるとよいでしょう。家庭問題、交通トラブル、労働トラブル、刑事事件などそれぞれ得意としていることがあるので、実績がある法律事務所の相談をするとよいです。慰謝料が適正な金額なのか、相手の訴えは事実なのか、ということも確認しながら相談をすることによって、事実を捻じ曲げることもなく、問題を解決させることができます。

男性

慰謝料請求されたらまずは無料相談を活用しよう

もしも慰謝料請求されたら、法律相談を行っているところに足を運んで相談をしてみるとよいでしょう。自治体で無料相談を行っているところもあるので、知り合いに弁護士がいないという場合には積極的に利用をしたほうがよいです。内容が事実で出来るだけお金をかけたくはないと考えているのであれば、金額が適正なのかどうか、という点のみを相談したほうがよいです。慰謝料請求をするということは相手が相当怒っているということなので、事実であれば素直に応じて支払を行ったほうがお互いのためになります。いつまでも支払いを行わないということになると相手の感情を逆なですることになるので、迅速に対応をしたほうがよいでしょう。訴訟に発展をするとよりお金がかかってしまいます。