ロゴ

交通事故に遭遇したら弁護士に相談

交通事故の被害者、または加害者になってしまうことは、珍しいことではありません。いざ事故に遭遇してしまったら、落ち着いて対処することが重要です。人身事故の場合と物損事故の場合では対処法も異なり、慰謝料などの有無も変わってくるので、不安な場合は弁護士へ速やかに相談しましょう。

交通事故の処理を自分でやる場合と弁護士に依頼する場合の違い

交通事故の処理を自分で行うと

使うお金は安く済みますが、様々な書類を書いたり、面倒な手続きが必要となったりするため、解決までに時間がかかってしまうのが特徴です。また、被害者加害者間での意見の食い違いなどのトラブルが起きた場合の対処にも時間がかかります。

交通事故の処理を弁護士へ依頼

依頼費用はかかりますが、第三者として客観的に介入してくれるため、示談までが非常にスムーズに進みます。とにかく早く解決したい、トラブルを避けたいという場合には弁護士へ依頼しましょう。

腕の立つ弁護士の探し方

弁護士へ依頼する場合は、交通事故の処理に強い専門の弁護士へ依頼すると良いでしょう。弁護士にも、強い分野と弱い分野があるため、その見極めを行うことが重要です。そのためには、専用口コミサイトなどを活用しましょう。誇大広告を掲げておらず、料金も高すぎず安すぎず、口コミ評価も高いところを探すのがコツです。

弁護士に依頼する時のQ&A

法律書

行政書士との違いは?

行政書士は、保険会社への交渉権がありませんので、依頼することは出来ますが、やはり保険会社に対しても交渉権の持つ弁護士がおすすめです。

他の弁護士に頼もうか迷っているときは?

相談のみであれば、時間内であれば無料で行っているところも多々ありますので、複数の場所に相談してみて決めるという方法もおすすめです。

被害者本人ではない人が相談しても良い?

被害者が入院などで動けない場合、被害者家族が依頼することが可能です。

費用はどのくらいかかりますか?

弁護士によって異なりますが、一般的には20~30万円程度になります。

弁護士費用特約とは?

かかった弁護士費用が、一部保険金として支払われる制度です。保険会社によって規定が異なるのできちんと確認しましょう。

弁護士に相談すると交通事故の後処理がスムーズに済む

弁護士

弁護士に交通事故対応を依頼するメリット

手続きや示談処理が非常にスムーズに進むのが一番のメリットです。また、事故の被害者の場合は、より良い条件の示談交渉を進めてくれます。例えば、体に後遺症が残るような大きなケガをした場合、慰謝料額の変更や、有利な後遺症障害等級の認定などをスムーズに行ってくれます。自分で処理を行う場合よりも、権利を行使しより良い条件で示談を進めてくれるのでとても心強い存在になります。

相談

交通事故の対応に長けている弁護士を選ぶべき理由

ひとくちに弁護士と言っても、それぞれ得意分野というものが必ずあります。交通事故の処理実績が多い弁護士は、交通事故示談の様々なケースを解決してきているため、あらゆる事態に対応出来る能力が高いと判断出来ます。そのため、加害者被害者間での意見の食い違いなどのトラブルが起きた場合や、慰謝料についての不服申し立てなどの解決も非常にスムーズに進みますので、依頼した側の満足度も異なります。